1. トップ・製品情報
  2. 放射線カメラ
  3. Raspixディテクター
  4. 概要

Raspixディテクター -概要-

主な特徴

Raspixは接続性に優れた多目的放射線カメラです。SERNにおいて開発された最先端技術であるTimepixセンサーを採用しています。RaspixはWi-Fi経由でワイヤレスでのリモート操作が可能です。また、PCネットワーク経由でのローカル制御も可能です。

それぞれの粒子の種類やエネルギーを識別できることから、放射線モニタリング(α、β、γ)、イメージングおよびトラッキングに利用することができます。このデバイスはX線や中性子イメージングにも使うことができます。

  • スタンドアローンでのデータ取得
  • 100Mbitイーサネット/Wi-Fi接続
  • ウェブインターフェイスを用いてスマートフォンやPCから制御可能
  • SDカードストレージ、FTPサーバー内蔵
  • イーサネットケーブルから電源供給およびデータ転送
  • 追加バッテリーパック(4.5時間動作)

  Raspixは認定された線量計ではありません。放射線の種類を識別することができる初期レベルの放射線場インジケーターおよびモニターとして使用することが出来ます。

主なアプリケーション

パーティクルトラッキング 放射線モニタリング X線カラーイメージング