1. トップ・製品情報
  2. 冷却CCD・CMOSカメラ
  3. 1100シリーズ
  4. 概要

冷却CCDカメラ 1100シリーズ -概要-

1100シリーズカメラシステムは、大面積のCCDのために設計されたマルチポートデジタルカメラです。1100シリーズは、1、2または4つのマルチポートでCCDを読み出します。マルチポートを使用することにより、高いフレームレートで、最小限の雑音および高精度なイメージングを可能にします。1100シリーズの冷却システムは、ガス冷却式のクライオタイガー冷却と電子冷却の2タイプから選択できます。これらの冷却システムでは、CCDをそれぞれ-100°C/-60°C以下に冷却することができ、暗電流をほぼ完全に除去できるので非常に微弱な光の検出に最適です。

特徴

  • 1、2、4つのCCDポートからの同時読み出し
  • 16ビットAD変換で50kHz~900kHzのピクセルレート
  • 相関二重サンプリングによる低ノイズ3r rms
  • -100°C以下の冷却で暗電流はほぼ0
  • ストレートまたはテーパーファイバにより、最大200mmの入力面のオプションを提供

アプリケーション

  • ハイスループットスクリーニング(マイクロプレートイメージング)
  • X線結晶学
  • X線非破壊検査
  • 動物実験のイメージング
  • 電子顕微鏡
  • コンタクトプレート測定
  • 生体内生物発光と化学発光
  • 天文学
  • 写真フィルムのデジタル化