1. トップ・製品情報
  2. 冷却CCD・CMOSカメラ
  3. 900シリーズ
  4. 概要

冷却CCDカメラ 900シリーズ -概要-

900シリーズは大面積、高解像度のマルチポート冷却CCDカメラです。900シリーズは最多で16個のCCDを搭載できます。光ファイバテーパーで各CCDにカップリングして、最大325mm角の入力面が可能です。各ファイバ間の隙間はほとんど無く、高解像度のシームレスのイメージングができます。超高解像度にもかかわらず、900シリーズは各CCDを4ポートで同時に読み出して、最速で1秒間に1枚のフレームで読み出せます。暗電流は冷凍機冷却で-100°C以下に冷却するため、無視できるレベルです。

特徴

  • 325mm角までの大きな入力面
  • 1fpsの高速i読み出し
  • 9(3x3)または16(4x4)個のCCDアセンブリ
  • 超高解像度最大 16384x16384
  • 16ビットAD変換で50kHzから1MHzピクセルレート
  • 相関二重サンプリングによる低ノイズ 3e rms
  • -100°C冷却により暗電流はほぼ0

アプリケーション

  • X線結晶回折
  • 医療X線
  • X線非破壊検査
  • X線検査